晒しな日記

この日記はノンフィクションです
<< TVにて晒される | main | 0時過ぎ・・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
幸せについて本気出して考えてみた
 幸せって一体何なのでしょうか。今回はそれについて少し考えてみたいと思います。
 まず、「しあわせ」を辞書で調べると「仕合わせ」というのがあり、その次に「幸せ」があります。「幸せ」の意味は「運がよいこと。幸福」で、「仕合わせ」の意味は「めぐり合わせ」なんです。この「仕合わせ」の使用例としては、「有難き仕合わせ」といったものがあります。
 つまり、この「仕合わせ」は、天運といった意味合いが強い訳です。で、なぜこの「仕合わせ」が「幸せ」より先に記述されてるのかと考えたんですが、それは普通に最初の文字の画数でそうなってるだけなんですよ。でも、私は、そこにもう一つの意味合いを感じました。
 それは、みんなに共通している人生最初の「しあわせ」に答えがあると考えます。つまり、この世に、人として生まれてきたという「仕合わせ」。そう考えるようになると、画数といった表面的なもの以上の理由を感じることができたのです。

 さて、話は本題に入って、幸福という意味での「幸せ」は一体どういうものかを考えたいと思います。この「幸せ」を感じる瞬間や、その度合いは人によって千差万別だと思います。
 例えば、ちょっとしたことで幸せを感じることのできる人や、なかなか幸せだと感じることのできない人。彼女(彼氏)と一緒にいるだけで幸せな人、それだけでは幸せを感じることができない人。色々だと思います。みなさんはどうでしょうか?少し考えてみてください。私は、あまり幸せを感じない方かもしれません。ただ不幸だとも感じません。綺麗ごとかもしれませんが、自分が死に際に立ち人生を振り返った時に「幸せだった」と感じれればそれでいいと思ってるからです。

 では、人はなぜ生きているのでしょう?仕事(バイト)をして、飯食べて、寝て、遊んで、回って(?)。最終的な目的って何でしょうか?生きているのか、はたまた生かされているのか。それさえもたまにわからなくなります。ただ、最期の時に自分の人生を振り返り「幸せだった」と思い、感じるために今、この瞬間を過ごし生きているのではないかと思うのです。人によって考え方、捉え方は様々だと思うのですが、私はそのように今考えてます。いずれ歳を取るにつれ、考え方も変わるでしょうが・・・・。

 以上のことを踏まえると、人間は少なくとも二度「しあわせ」を感じる機会があるのです。最初の一回目は神から与えられる「仕合わせ」、もう一つは自分で切り開き、そして人生を通して得る「幸せ」。その途中で小さな「幸せ」がいくつあるかは、人それぞれの捉え方、生き方にあると思います。
 ただ、自分の「幸せ」追求のために、自分勝手に振る舞い、他人に迷惑をかけるようなことはあってはなりません。なぜなら、自分が仮に「幸せ」になったとしても、他人を「不幸」にしているからです。これは、昨今の若者(私もまだ若いですがw)に多い、自分だけ楽しければそれでいい、それが自分の生き方で、個性だという考え方。彼らは、文部科学省の個性重視教育の被害者だとも言えるでしょう。個性=自己中心的思考・行動ではないことを私は強く言いたい。文部科学省のやっている個性重視というのは、その子が持つ「らしさ」ばかりを強く押し出してはいるが、要は「放任、責任放棄」しているだけではないだろうか?例えば、髪型。こういう誰でも真似ればできるものは個性だろうか?個性の意味を踏み違えてないだろうか?話が大きくずれてしまったので、元に戻そうw

 私はここまで、「しあわせ」について広義ではあるが考えてみた。狭義な部分での「しあわせ」については、みなさんがこれを機に、自分がいつ、どんな時に幸せを感じてきたのかを考えていただけたら幸いである。
 なお、この文章を書くにあたり、特に参考文献・資料を読み漁った訳ではなく、自分の中にある考えを自己啓発の意味合いでまとめただけである。おかしな発想は毎度のことなので容赦いただけたらと思う。
ピ━━━━ヽ从‘ 。‘从ノ━━━━チ!!!!
| 朝まで勝手に一人ごと | 01:50 | comments(3) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 01:50 | - | - |
トラックバックありがとうございました。

大乗仏教で「最期の時」の幸せのみを
追及したものがあったと思います。
それに近いのかな。でも、難しいみたいです。

既に読んで頂いたかもしれませんが、
「『祈り』について」でも、幸せについて
触れています。よかったら、見て下さい。
(トラックバックしました)

でも神様を信じておられるなら、
見ない方がいいかも。。。
| minor_u | 2004/11/15 2:35 AM |
トラックバックありがとうございます。

ボクの日記は幸せについて書いたのかどうかはちょっと疑問ですけど、でもまあボクの一意見でございます。病んだ日記ですけど暇な時とかまた見てみてください。
| マサト | 2004/11/15 4:55 PM |
トラックバックありがとうございます。

私の文は自分の置かれている状況を少し整理して書いたものなので、幸せについてあまり深く考察はしていません。
気が向いたら見てあげてください。
| さと | 2004/11/18 12:58 AM |









http://ayumi-shibata.jugem.jp/trackback/52
『祈り』について
祈るのは、自分の願いなどではなく 「世界の人々の為に祈れ!」 などと言う人がいます。 それは違いませんか? あなたが人類に分類されるなら、あなたの幸福無くして全人類の幸福は有り得ません。 全ての人類一人ひとりが、自分の幸福を願えば、全人類が幸福になれるは
| 異論・反論・多事争論? | 2004/11/15 2:22 AM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

川σ_σ||∩<上に行くみゅん